2020年03月

とらのすけ あっという間に 目が濁り

…???あれ?と、

思った時は なんとなく
「明るいところで よくみると、うっすら左目の下の方が白いね」

早めに病院行こう。と なって、
行ったのは その3日後

~いつもの獣医さんにて~
専門医へ診てもらいましょう
急ぎません 目を痛がったり、物にぶつかることが多くなれば 早めに行ってください

年齢を考えたら 専門医へは2年くらいのスパンでみればよさそうかな? と、
いつもの先生に診てもらいました
~~

これから、なんと 2週もたたないうちに
左目全体が白く濁りました

もう、気を付けて覗き込まなくても
パッと見て 白いです。

あわてて紹介された眼科専門の病院へ予約を入れました。

この日は、はじめての診察。

悲しいのですが、素人目にも進行は分かります。

手術をベストなタイミングでうけさせたい。

そう思っています。
うまくいきますように。

おそらく、もし合併があるとしたら
気になるのは
水のがぶ飲みがあるので、糖尿なのでしょうか…。

最近、急に飲水量が増えたりはないです。
はてて…わかりません。

フードを代えて 少し痩せました
これは、ししまるも同じ程度に減っています

これでポッチャリくらいなので、OKと言われています。


不便はなさそうだけれど
今までみたいに、素早くオヤツが拾えません

くいしんぼう  とらちゃんには、
''まさか''ですが、見失います

今までは、もっとグイグイきてた、気がします


~ここからは診察でのおはなし~

◼️ウエスティにも けっこう多い
  (好発犬種には入っていないのだけど…)

◼️スイッチが入ったように進行が速い場合がある

◼️この進行の速さは 若年性白内障の特徴的なところでもある



…診察詳細は次回の記事に


足元でビヨーンと寛ぐ とらのすけ

DSC_1339


こちらが 今の 左目 白いです。。

治療のため、記録残しておきます。
お手々に顔を乗せて かわいいね!

20-03-31-11-51-00-003_deco


DSC_1297

お昼寝時間で ネムネムな ふたり

これは ししまるです。

ししまるも

最近は オチビさんの横に来るようになりました


こちらから、敢えて ししとらに 近い距離で
オチビさんを寝かすことはないので

この配置は オチビの昼寝に ししまるが参加している  そんな 感じです

ほっこりと  やさしい時間が流れます


20-03-20-03-49-47-419_deco

こんな振付あったような…。

(UQモバイルのCMが思い出させてくれました)

20-03-20-03-31-35-819_deco

Googleさんから

我が家の愛犬による 猫のムービーをオススメされた

これを話題にするのは もしかしたら2回目かもしれない

何年か経つとGoogleさんも学習して
わたしのアルバムから 猫のムービー作りを
諦める時がくるかもしれない…

わたしは その時 技術の進歩を肌で感じることでしょう 

楽しみに待っているし、ブログでも報告したいと思う🐈️

DSC_1140

ふと、キッチンを通りすぎると

とても熱心に何かしている ふたり

「なにやってるの??」

声をかけても 黙々と続けるふたり

…なにしてるんだろう。。

…。。

…。


あ!!!

オーブンでじっくり焼いた豚のおいしい汁を
こぼしたんだった!!!


DSC_1141

↑このページのトップヘ